ETCカードとは?

ETCカードで注意すること

ETCカードという名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという人のためにETCカードについていろいろなことを紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ETCカードとは?

高速道路を走った事がある人は、ETCという文字を目にする事があります。

料金所ではETC専用のレーンがありますが、渋滞で料金所が込み合っている時でも、スイスイと走るETCレーンを羨ましく思う事もあります。

ETCとはどういうもので、ETCカードを持っているとどんなメリットがあるのでしょうか?

まずETCというのは、自動料金収受システムの事を言います。

高速道路を利用する場合は、家の近くや利用しやすい料金所を選び入口から入ります。

この時必ず通行券を受け取り、どこのインターから高速道路を利用したのかがわかるようになっています。

料金所入口には係りの人がいて通行券を手渡してくれる場合もありますが、人ではなく機会が自動で通行券を発行している場合もあります。

目的にについたら高速道路をおりますが、出口で高速道路の利用料金を支払います。

出口の場合は係りの人が対応する事が多いようです。

ETCというのは無線通信を利用して、すべて自動で行うシステムの事です。

その場で現金による取引はせず、すべて無線を通して情報を管理しますので、ETCカードを持っている人は、料金所の出口で現金を支払う手間が省けます。

今までは料金所で一旦停止し、通行券を見せ指定された料金を支払うというシステムでしたね。

1台あたりにかかる時間はそれほど長くはありませんが、高速道路を利用する人が多い時期には料金所での一旦停止が渋滞の原因になることも珍しくありません。

ETCはすべて自動化しているから、現金のやり取りもなく素早く出口を通過する事ができます。